欠陥住宅ブログ

欠陥住宅は、意外なほどに沢山発生しています。
新聞やテレビ、雑誌などでも多くの特集が行われ、欠陥住宅に対する啓蒙が行われてはいます。

しかしこれらは本当に効果が出ているとはいえないのではないでしょうか。

欠陥住宅は、減っていないどころかむしろ増えているといわれています。
どうすれば欠陥住宅から自分を守ることができるのか。
多くの人が知りたいことではないでしょうか。

しかし実際はなかなか難しいことと言われています

まず、
大工さんの技術を維持することが非常に難しい時代と言われています。
賃金は現状維持で大工さんの技能のみが低下していく昨今、
注文住宅を建てる側の期待と、供給する側の実態が乖離することが多いのです。

技能労働者に関しては、体系的な教育システムなどがほぼないということが問題視されています。
下請けの会社に工事を任せる際に安い工事単価で依頼することなどが欠陥住宅誘発の原因になっているといわれています。
そうなると、産業の根本的な構造の問題にまでなってきます。

さすがにこうなってしまうと一般庶民がどうこうできるような問題ではないのではないでしょうか。
私たちにできることは欠陥住宅の事例や失敗談を知ることにより今後に生かしていくということだと思います。

それゆえ、「欠陥住宅ブログ」では、失敗談や欠陥住宅の事例などを紹介し、皆様に役立てていただければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ